Tag Archive: ボランティア


フイレフアのケイキ(中学生)3人娘の花映、七生、理紗が「ハワイ レインボー キッズ プロジェクト」に参加し、ハワイでフラを披露しました。

アロハー!宮城乃小鶴@フラ教室フイレフアです。

東日本大震災から5年が経過していますが、震災で被災した子どもたちや東京電力福島第一原子力発電所の事故の影響で避難している子どもたちを支援したいとハワイ島オアフのNPOハワイシニアライフ協会が中心(日本側はみやぎびっきの会)となって活動し、10回を迎えました。

レインボーキッズプロジェクト(マウイ島)

レインボーキッズプロジェクトに参加したフイレフア3人娘(マウイ島)

今年2016年8月が最後の支援となり、このプロジェクトにフイレフアのケイキクラスに小さい頃から習っていた3人娘がパーティの最後に普段習ったフラを披露しました。
初めて自分たちだけで踊る機会に少し緊張していたそうですが、直前に洋子先生からの国際電話で励ましの言葉を掛けてもらい、ちょっぴり安心したようです。
その後、3人共英語で自己紹介のスピーチを行い拍手でフラがスタート。

いつもお世話になっているスタジオリムのレイコTロジャーズさんのフェイスブックで詳細が、動画はスタッフの竹林さんのフェイスブックで観れます。

合計3曲!踊り終わったら割れんばかりの拍手を頂きました。このプロジェクトに参加した同じく被災したキッズの仲間たち、そしてハワイのシニアライフ協会の皆さんにとって、よい思い出になったに違いありません。この3人娘もこの経験からもっと大きく成長してくれることでしょう!

レイコTロジャースさんのフェイスブックにはすで「(5年前の震災当時あどけなかった少女達が) 震災を乗り越えて咲き誇った花の美しさは、何ととも比べることはできません。」とコメントが寄せられていました。

このプロジェクトのスタッフの皆さんに、マハロ~。

ボランティアで皆さん笑顔になって頂くだけでダンサーもとっても幸せな気分になるんですよ。

アロハー!宮城乃小鶴@フラ教室フイレフアです。

ボランティは皆さんとの距離が近いのでとっても充実した気分になるんです。笑顔で見ていただいたり、見よう見まねで手踊りしてくださったり。施設のスタッフの方々の元気も頂いたりして。

皆さん、アロ~ハ! ナラニ&レイラニ フラスクールです。
7月12日、南相馬市原町区の石神デイサービスにボランティアに行ってきました。
晴天のなか、リハーサルを相馬スタジオで終え、汗だくであわただしく現地入りしました。
石神の施設の中は、クーラーをつけて用意して頂き、快適にお着替えを済ませることができました。
フイレフアファンからの依頼ということもあり、いつも以上に気合を入れ、カヒコからはじめました。
予想通り、カヒコをみるのは初めての方ばかりで、真剣に見てくださいました。
一時間、時間を頂きましたので、カヒコ、アウアナ、楽器とスペシャルバージョンで皆さん、元気にアロハをお届けしていました。見ている方々の表情もだんだん柔らかくなり、最後の花は咲くはレクチャーをいれながら見ている方も一緒に踊りました。普段、体、頭をなかなか使えないような方々もいましたが楽しそうに手話をしていました。
会場がアロハでいっぱいになり施設利用者の方々も参加者も一つになって終えることができました。
また来ることを約束して帰ってきました。
暑い中、参加してくれた皆さん、お疲れ様でした!

福島県相馬市の駅前にあるスタジオで習ってみませんか?
お問い合わせ:090-4639-1607(門馬)、info@hula-lei.jp

福島県相馬市にスタジオのあるフイレフア・ナラニ&レイラニ・フラスクールからボランティア活動の報告が入りました。

アロハー!宮城乃小鶴@フラ教室フイレフアです。

ボランティア活動も私たちフイレフアの活動の一環です。

皆さん、アロ~ハ! ナラニ&レイラニ フラスクールです。
7月3日、鹿島カルチャーの皆さんとモオクラスの皆さんですみれデイサービスのボランティアに行ってきました。
鹿島カルチャーの皆さんは最近、出演回数が増えフラ三昧です。
今日は、すみれデイサービスの利用者の皆さんにアロハをお届けしてきました。
カイマナヒラ、ハワイケアヴェ、ウルパラクア、カナニアオカウ、花は咲くとご披露させて頂きましたが、最後の花は咲くは涙を流しているかたもいて私たちのアロハが伝わったなあ~と感じました。
アンコールも頂き最後まで楽しく盛り上がりました。
たまたま中学生の体験学習と重なり、中学生達も楽しそうに見学していました。そしてその中学生は、相馬市立中村第二中学校の生徒さんで、踊り手の中には卒業生も!! これも何かのご縁かと。
すみれデイサービスさんから麦茶とお菓子も頂き、美味しく頂いてきました。ご馳走様でした。
一緒に参加してくれた皆さん、いつも有難うございます。 皆さんのアロハはいつも輝いていますよ!

福島県相馬市とその周辺でもレッスンは盛んに行っています。楽しいレッスンと優しい仲間で生徒も増えています。一度レッスンを体験してみませんか?
お問い合わせ:090-4639-1607(門馬)、info@hula-lei.jp

ダックアニキ!今日もノリノリです!

ダックアニキ!今日もノリノリです!

4月19日(日)せんだんの里で行われたボランティアに行ってまいりました。 アロハー!宮城乃小鶴@フラ教室フイレフアです。 楽しかったボランティアもすでに1周間も前になるんですね。 当日は、3部構成で、フイレフアはダック・テツヤさんとのコラボで2部と3部を担当させていただきました。 ダック・テツヤさんとは今回でお会いして3度目。初めてお会いしたのは、秋保温泉で行われた「珈巣多夢の40周年記念パーティ」。そこで、フイレフアの洋子先生とアラカイ、インストラクターと意気投合し「次回は一緒にやりましょう!」ってお約束したんです。その時は、いつご一緒できるかは全くの未定だったんです。

その後、洋子先生とダック・テツヤさんは仙台市泉区のとある公共施設で偶然バッタリと再会!この時、ボランティアでご一緒しませんか?とお声掛けしましたところ、何と、快諾! 「それじゃ、詳しい内容はあの秋保の時のアンジェリーナ(ダックさんがインストラクターにつけてくれた名前)からお打合せさせますから」って言うことになりました。 当日は、ダックさんの歌うプレスリーの曲に入居者もノリノリで嬉しそうでした!ダックさんもいつもの調子で皆をのせてくれました。 フイレフアの番では、仙台本校の生徒とインストラクター以外にも各地のスラスクールのアラカイ達も踊りました。 途中には、入居者とせんだんの里のスタッフも加わって頂き、一緒に簡単な曲を踊りこみましたよ! 本当に楽しい時間でした。 丁度外は桜が満開!キレイでした。 後日、スタッフの方からお礼のメールが画像付きで届きました。

入居者とスタッフも加わり一緒に踊りました

入居者とスタッフも加わり一緒に踊りました

私ども“せんだんの里”の「桜まつり」の催しで、フラダンスの楽しいひとときをプレゼントしていただき、誠にありがとうございました。ダックテツヤさんとのご縁も結んでいただき、おかげさまで大盛況のうちに、お祭りを終えることが出来ました。 ご利用者やご家族、私たち職員が一緒になって皆さまとともに楽しむ機会を作っていただき、心から感謝申し上げます。ご利用者の、あんなにはじけた笑顔を久しぶりに見て、私もとても感動しました。私自身はダンサー(?)としてイマイチの出来だったのが残念ですが、出会いのきっかけをくださった設楽さん、北川さん、打ち合わせでお手を煩わせてしまった望月さんをはじめ、フイレフアの皆さまに感謝です。

こちらこそありがとうございました。また、次回もお声がけいただけましたら、ダックアニキと一緒におじゃまいたします。 仙台市、大崎市、石巻市、大河原町の各地周辺のボランティアもお引受いたします。お問い合わせは、050-7512-1828(キタガワ)、info@hula-lei.jpまで。

桜も散り始めた仙台、まだ肌寒いですね。

アロハー!宮城乃小鶴@フラ教室フイレフアです。

これから初夏、そして盛夏を迎えますが、仙台や宮城県内では野外でのイベントも沢山予定されています。もちろん、ハワイアンフラ教室フイレフアでは出演しますので、どこかのイベントで見かけましたらお声がけをお待ちしています。どなたからでもOKですので、感想などお聞かせいただけたら嬉しいです。

そんなハワイアンフラ教室フイレフアですが、ボランティアも承っています。これまでも、介護施設、病院、高齢者の集まり、学校での体験会など、各方面の関係者よりお声がけを頂いています。ありがとうございます!

これからも、ボランティアは全力で承りますので、お問い合わせお待ちしています。

なお、ボランティアにはイベントが重ならないようにスケジュールの調整とメンバーを集める都合がありますので、1ヶ月以上まえからお問い合わせいただければ嬉しいです。
よろしくお願いします。

お問い合わせは仙台本校:022-266-8869、info@hula-lei.jpまで。

介護施設へのボランティアに行ってまいりました。

介護施設へのボランティアに行ってまいりました。

遅くなってしまいましたけど、6月15日に訪問しましたラ・ナシカせんだいについて御報告致します。

アロハー!宮城乃小鶴@フラ教室フイレフアです。

梅雨の合間の晴天に恵まれたこの日、仙台市太白区長町にあります、ラ・ナシカせんだい(介護付き有料老人ホーム)へ伺いました。

父の日ということもあり、午後から食堂スペースを解放していただき、私たちフイレフアのフラを楽しんでいただきました。
ケイキを含む生徒さんたちとインストラクターの総勢13名で、全8曲を披露致しました。
司会進行のインストラクターが、曲の内容やハワイのこと、フラのことなどをお伝えしながら、その合間には衣装や小物を早替えしながら、少ないながらも目でも楽しんでいただけるようにしました。
また、この内2曲は施設の皆さんにもフリを一緒に練習していただき、一緒に踊りを楽しんでいただきました。
約1時間ほどのイベントでしたが、あっという間に時間は過ぎてしまって、お別れするのが名残り惜しい感じでした。

最後に踊った「花は咲く」は、アンコールをいただき、2度踊らせていただきました。

後日施設の方から御礼のご連絡をいただいた際、フラの歌の意味などを教えてもらいながら見ると、また違ってフラを楽しめたこと、震災でお子さんやお孫さんを亡くした入居者の方もいて「花は咲く」の踊りが大変心に沁み入ったことなどをお聞きすることができ、私たちも大変嬉しく思いました。

フイレフアでは、介護施設などへのボランティアもお引き受けしています。準備の都合があるため、最低1ヶ月以上前にお問い合わせをお願いします。

ボランティアに関するお問い合わせ:050-7512-1828、info@hula-lei.jp

馬子にも衣装じゃないけど、フラを楽しんでいただきました

馬子にも衣装じゃないけど、フラを楽しんでいただきました

イベントも楽しい!ボランティアも楽しい!何より皆さんにアロハを届けられるのが一番楽しい!

アロハー!宮城乃小鶴@フラ教室フイレフアです。

ダンサー全員そんな気持ちです。

8月14日(水)は、老人介護施設のニチイケアセンター仙台若林にて入居している皆さんへフラをご覧になって頂きました。
ステージが始まる1時間も前から会場で待っていらっしゃる方もいてありがたいです。フラダンスが始まるまでの間、急遽カネ(男性)ダンサーの一人が持参したウクレレを弾いてハワイアンソングを聴いていただきました。
レパートリーの中で「カイマナヒラ」をひき始めた時「その曲知っている、若いころによく聞いていた」とお声掛けを頂きました。

ちょうど1次ハワイアンブームの頃、ラジオや生バンドが良く演奏していた曲ですのでご年配の方にも馴染みがある曲なんですよね。こうして年齢を問わずハワイアンソングやフラを楽しめるのもハワイの魅力の一つではないかしら?
なんかホッコリとした瞬間でした。

その後、準備ができて登場したダンサーたちの衣装を観て「わ~キレイ」(注釈:ムームーですよね)と歓喜の声。ありがとうございます!

またまた街角の歌い手の本田笑子さんの生唄に合わせて皆さんも一緒に手踊りをまねて踊っていただきました。

参加したカネダンサーから後日こんな感想が届きました。

「夏休みのイベントで未来のあるケイキ(子ども)達と一緒に踊り、商店街の夏祭りでは活気ある年代の方々と御一緒させて頂き、そして人生の大先輩の方々にフラとアロハをお伝えしたり、自分自身各年代を通じてアロハを感じることができた有意義な今年の夏でした。」

ハワイが大好きなあなたなら一緒にアロハを伝えられるますよ!さぁさ一緒にフラを踊りましょうよ!
お問い合わせ:022-266-8869(ブログを見ましたと伝えてください)または、info@hula-lei.jp

アロ~ハ!北川@フラ教室フイレフアです。

5月11日(土)に三重県四日市のハワイアンバンド&フラダンスチームとフイレフア・ハウオリラニ・フラスクール(東松島市・石巻市)との合同フラパフォーマンスの模様が届きました。

三重県四日市の皆さんと一緒に東松島市矢本へ慰問

三重県四日市の皆さんと一緒に東松島市矢本へ慰問

この2日間(11日、12日)三重県四日市のハワイアンバンドさん、三重県四日市大学の学生さん達と共に合計5ヶ所の仮設住宅、老人福祉施設をボランティアで廻らせていただきました。
四日市大学の鬼頭教授とその学生さんたちは震災から東松島市にボランティア(泥出しから始まり)として今日まで活動を続けられています。『東松島市健康増進センターゆぷと』の泥だしを行っていた事がきっかけとなり、私達の教室『フイレフア』を知ったそうです。「ゆぷとでフラを躍ってる教室がある‼地元のハワイアンバンドと一緒に交流できないか」と思いつきインターネットで調べて私達の教室にたどり着いたそうです。
改めましてこの出逢いと、絆に感謝と感激でいっぱいです。
最後に『故郷』を全員で手を繋ぎ歌いました。いつか故郷に戻りたいと思う被災者の皆さんの思いが痛いほど伝わりました。多いに笑い、多いに泣いたこの2日間でした。

四日市からご支援を頂きありがとうございました!

被災者の皆さんと一緒にフラを楽しみました。

被災者の皆さんと一緒にフラを楽しみました。

アロ~ハ!北川@フラ教室フイレフアです。

1月12日(土)に「鳴瀬サロン」へ震災ボランティアに行ってまいりました。
鳴瀬サロンとは、東日本大震災で東松島市鳴瀬に住んでいた方々で仙台市内に一時避難されている方々の月1回の集まりです。

ハワイアンフラ教室フイレフアでは、全国のフラシスターから送っていただいた支援物資を2台の車に積んで会場となった仙台市中央市民センターへと運びました。当日は、支援物資を届けたほかに、フイレフアのダンサーによる踊りと尚ちゃん、本田笑子さんの生唄によるフラも披露させていただきました。
鳴瀬の参加者の皆さんには、少しフラのレクチャーをして楽しみました。

これからも、フイレフアは震災ボランティア活動を続ける予定です。

ボランティアで訪問した介護施設で入居者の皆さんへレイのプレセント

ボランティアで訪問した介護施設で入居者の皆さんへレイのプレセント

アロ~ハ!北川です。

12月25日のクリスマスの日に仙台市泉区松森にあるニチイケアセンター仙台松森にてクリスマス会のボランティアに行ってまいりました。この日は、クリスマスということで入居者のみなさんへレイのプレゼント。皆さん、とても喜んでいただきました。

12月25日にボランティアで訪問した介護施設でホワイトクリスマスを踊っているところ

12月25日にボランティアで訪問した介護施設でホワイトクリスマスを踊っているところ

この日は、いつものフイレフアの生徒の皆さんの他にゲストとして尚ちゃん、そしてスペシャルゲストとして本田笑子(ほんだえみこ)さんに歌を歌っていただき一緒に踊りました。

外は冬本番でしたが、今日ばかりはハワイアンな南国のクリスマスを皆さんにお届けできたと思います。

また、スタッフの皆さんにも大変お世話になりました。

アロ~ハ!北川です。

19日(水)にフイレフアは介護施設つくい台原にて、ボーカルにいつもお世話になっている尚ちゃんを迎えフラを踊ってきました。
控え室から出た時に、皆さんから「わぁ~」と言う歓声と「キレイ」とお声掛けいただきき、ダンサーはとても緊張しました。

この日は、クリスマスも近いということでご覧いただいた方々にささやかですがレイのプレゼントを行いました。

約30分の時間でしたが、皆さんに楽しんでいただいてうれしかったです。

フイレフアは介護施設やケアセンターなどでボランティアでハワイの音楽に合わせてフラを披露しています。お問い合わせは、050-7512-1828、または、info@hula-lei.jpまで。

クリスマスが近かったので、皆さんにハワイアンレイをプレゼントしました。

クリスマスが近かったので、皆さんにハワイアンレイをプレゼントしました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。