Category: ハワイが舞台になった映画


モアナと伝説の海、皆さんは映画をご覧になりましたか?

アロハー!宮城乃小鶴@フラ教室フイレフアです。

2017年3月10日(金)に日本で公開されています。そのサウンドトラックも大好評のようです。気になる方は下記をご覧くださいね。

http://www.disney.co.jp/music/soundtrack/AVCW-63189.html

広告

フジテレビの人気番組「テラスハウス」の新シーズンは、オアフ島が舞台ですね。

アロハー!宮城乃小鶴@フラ教室フイレフアです。

お焦がれのハワイでのシェアハウス生活。しかも同世代の男女ですから色々な展開が待っているようで、これからも見逃せませんね。
憧れのハワイで番組のような生活をしてみたいです!

テレビを通して想像すると、ダイヤモンドヘッドを挟んでワイキキから反対側にテラスハウスの舞台があるようです。そこは「プウパニニ」と言う地区だと思われます。
「プウパニニ」とはハワイ語で「サボテンの丘」だそうです。そして、ここは高級住宅街のカハラに面しています。ハワイの著名人はもとより、世界中のセレブの別荘があることでも有名な場所ですよね。

あ”~~ハワイで生活してみたい!

フイレフアが勝手に応援している映画の最新予告が公開されています。

アロハー!宮城乃小鶴@フラ教室フイレフアです。

ハワイを舞台にしたディズニー映画です。この予告を見ただけでもワクワクします!

お久しぶりです。ハワイが舞台になった映画のご紹介です。

アロハー!宮城乃小鶴@フラ教室フイレフアです。

今回もディズニーのアニメです。ディズニーはこれまでも、ポカホンタス、リロ&ステッチなどのアニメを公開しています。今回も、ハワイがたっぷりの映画でワクワクしちゃいますね!今から公開が楽しみです。
2017年3月10日(金)公開だそうですから予習しておきます。

オフィシャルサイト:モアナと伝説の海

長めの予告編はこちらです。

ハワイアンフラ教室フイレフアはこの映画を(勝手に)応援します。

先日、ハワイへ行ってきたばっかりだというのに、またハワイに行きたくなっちゃった!

アロハー!宮城乃小鶴@フラ教室フイレフアです。

ちょうどタイミングよく、ハワイを舞台にした映画が上映中です。

わたしのハワイの歩き方

先日、ハワイを思い出したくて観てきましたよ。ストーリーは現代の若者向けで、恋愛や冒険ストーリーでした。時々、ハワイ文化(とはいってもアメリカ文化)と日本の習慣の違いが見れて「ハワイの人たちってこんな感じなんだ」って勉強になります。

ハワイの観光地や風景がたっぷり楽しめましたが、フイレフアならではのもう一つの楽しみ方を発見しました!

なんと、エキストラにフイレフアもお世話になっているマヌアDNAのロイドさんとアレックスが出演していました。もしかしたらニックも出ていたかも知れませんね。

実は、先日6月のフイレフアハワイツアーでは、マヌアDNAお店のイオラニへ表敬訪問してきたばかりでした。休日だったため、工場はお休みでお店しかあいていませんでしたが、同行したレイコさんの計らいでロイドさんの奥さんのカーラさんがわざわざ駆けつけていただき、洋子先生と再開を果たしました(お店には2011年の震災直後に表敬訪問)。

そうそう、イオラニと言えば、今、ユニクロとのコラボでハワイアンプリントのアイテムが展開されていますよ。

マヌアDNAオフィシャルサイト(日本語のFacebook)
イオラニオフィシャルサイト

ハワイが舞台になった映画をご紹介しまーす。

アロハー!宮城乃小鶴@フラ教室フイレフアです。

今日ご紹介するのは「ワンヴォイス」。

この映画は、オアフ島で創立120年の「カメハメハ・スクール」が舞台。毎年3月に行われるハワイアン・スクール・ソング・コンテストという合唱コンクールに参加する生徒のとその家族、教師の感動物語です。

ハワイの伝統を絶やさないように、ハワイ語で唄われています。生徒達のコーラスが素晴らしいですよね。
予告の動画に出てくる言葉に

「喜びも悲しみもすべてはメレ(唄)の中にある。故郷を感じて、歌声が、心がひとつになる」

というのがあります。フイレフアも生徒一人一人の人生は違うけれど、フラの踊りを通して人生の喜怒哀楽を表現できたらと日々練習しているんですよ。

ハワイの文化、伝統を知る上でもとても楽しめる映画です。
オフィシャルサイトでは他の動画も観ることができますよ。

フイレフアへのお問い合わせは、022-266-8869(ブログを見ましたと伝えてください)または、info@hula-lei.jpまで。

アロ~ハ!北川@フラ教室フイレフアです。

皆さん、お待たせしました。ハワイが舞台になった映画をご紹介する今回の映画は「ブルークラッシュ」です。

ハワイのオアフ島ノースショアで、もっとも危険でビッグな大会と言われているパイプラインマスターズで優勝する夢を追いかける若者達の友情と恋愛が描かれています。

映像はものすごいパイプラインを滑るシーンが沢山ありますのでサーファーやサーフィン好きにはたまらない映画ではないでしょうか?日本では絶対にお目にかかれないビッグウェーブです。こんな波でサーフィンするなんて、すごいな~。
日本じゃ間違いなく波浪警報、遊泳禁止ですもんね。

アロ~ハ!北川@フラ教室フイレフアです。

ハワイが舞台の映画、今日は邦画「ホノカアボーイ 」をご紹介します。

ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんね。出演したアイドルの映画と思いきや、シニア世代向けの内容のようですよ。ハワイ=ヤング(でナウい)と言う図式は古いですよ~。

もちろん、こんな楽園で余生を過ごすことができたら最高ですもんね。

アロ~ハ!北川です。

誰でもが癒されるハワイですが、お子様にも大人気。それが「リロ&スティッチ」のハワイシリーズです。

リロは、カウアイ島に暮らすさみしい女の子。初めて出会ったお友達がスティッチ。でもスティッチの本当に姿はなんでも壊してしまうエイリアンでどうしようもない暴れん坊です。それでもリロはスティッチが大好き。そんなリロの心が届きいつしかスティッチの心が・・・。

フイレフアのケイキ(子ども)クラスのお友達もこのスティッチが大好き!
リロやスティッチのように踊りたい!ってみんな元気にレッスンをしていますよ。

親子で習えるクラスですからお子さんとご一緒にお母さんもおばあちゃんもレッスンを楽しみましょうよ!

レッスンは月3回の土曜日、10時から(幼児から小学3年まで)と11時から(中学3年まで)の2クラスです。

お問合せは、info@hula-lei.jp、または、022-266-8869まで

アロ~ハ!北川です。

ハワイを舞台にした映画で日本人に話題となったのはこの映画ではないでしょうか?

「Life 天国で君に逢えたら」

飯島夏樹さんというプロのウィンドサーファーが書いた『天国で君に逢えたら』『ガンに生かされて』(新潮社刊)が原作の実話です。彼はガンのために38歳の若さで他界しました。

妻役の伊藤美咲が演じた寛子さんは現在もハワイ在住で、フイレフアにもお馴染みペレさんのスタジオリムのパーソナリティをなさっています。ツイッターもありますのでアクセスしてみましょう。

設樂洋子もハワイのスタジオリムへお邪魔するときに毎回お会いしていますよ。

アロ~ハ!北川です。

良く調べると本当にハワイを舞台にした映画やドラマって多いですよね。

今回は「50回目のファーストキス」

あらすじは、記憶障害を持った女の子に毎日愛をプレゼントする彼の切ないラブストーリーとなっておる!

「毎日ファーストキスなんて素敵!」50回目のファーストキスに何が?

最近恋愛していない方おすすめ(かもしれません)。

もちろん、フイレフアのフラで自分を磨いて素敵な女性になってくださいね。

アロ~ハ!北川@フラ教室フイレフアです。

いよいよ明日2月3日(日)から映画「プリンセス・カイウラニ」が上映されます。

映画館は仙台のクリスロード商店街にある桜井薬局セントラルホール
上映スケジュールは、2月3日(日)~15日(金)の13:30~と18:30~の2回上映。ただし8日(金)~10日(日)はイベントのため13:30~の1回のみの上映となります。

この上映にあたりフイレフアはスクリーンの前でフラを15分踊ることになりました。この映画にまつわる踊りも披露する予定ですので是非ご覧いただければ幸いです。フラの踊りは、
3日(日)13:30~と18:30~
9日(土)13:30~
10日(日)13:30~
11日(月)13:30~と18:30~
を予定しています。

映画の内容は、1889年ホノルルのイオラニ宮殿が舞台で、ハワイ王朝最後の女王となるカイウラニの少女時代からハワイ王朝崩壊までのカイウラニの人生の物語です。
また、フイレフアの生徒の皆さんにはセントラルホールさんのご厚意により特別料金で鑑賞できることになりました。詳しくは、インストラクターまでお問い合わせください。

アロ~ハ!北川です。

ハワイが舞台になった映画をまた一つご紹介します。

プリンセス・カイウラニ

これは1889年ホノルルのイオラニ宮殿が舞台の物語。プリンセス・カイウラニの恋物語から、ハワイ王朝崩壊のいきさつまで、スリリングな展開で息をのみます。
すでに東京などでは昨年の7月に公開されていましたが、ようやく仙台のクリスロード商店街にある桜井薬局セントラルホールで公開されることになりました。

ハワイの歴史を知る上で勉強になる映画ですから見逃せませんよ!

上映スケジュールは、2月3日(日)~15日(金)の13:30~と18:30~の2回です。ただし8日(金)~10日(日)はイベントのため13:30~の1回のみの上映となります。

フイレフアでは、この公開に合わせて上映時間の直前にスクリーンの前でフラを踊ることになりました。3日(日)13:30~と18:30~の2回の予定です。
また、フイレフアの生徒の皆さんにはセントラルホールさんのご厚意により特別料金で鑑賞できることになりました。詳しくは、インストラクターまでお問い合わせください。

アロ~ハ!北川です。

先日映画「ソウルサーファー」を観てきました。サメに片腕を奪われた13歳の少女の実話を基にした映画です。

「ハワイ大好き<サーフィン大好き」の人には楽しめる映画ですね。サーフィンはやらないので技(わざ)についてはわからなかったけど映像は楽しめます。

もちろん、主人公の前向きの努力に感動する物語となっています。

映画の中で、実際にあったインドネシアの地震後、津波がおそったタイのプーケットの街が再現されていますが、東日本大震災後の被災地を思い出してしまいました。

アロ~ハ!北川です。

映画が好きでハワイが好きなら「ファミリー・ツリー」はいかがでしょうか?

先日、観てきました。

この映画の楽しみ方(大きなお世話ですが)は、「ああ!行ったことがある!」「懐かしい!」って映像を楽しめること。大好きなハワイのいろいろなところが沢山出てきます。

それとバックに流れるハワイアンミュージック。

フイレフアではおなじみの「ヒイラヴェ」がいろいろなバージョンで沢山流れます。

この主人公のように、実際ハワイに住むとなると想像もできないくらい大きな問題があると思うんですが、映画ですので楽しんじゃいましょう。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。