あまりの強風でカツラが飛んだとか

あまりの強風でカツラが飛んだとか

日本の冬はハワイが恋しくなりますね!

アロハー!宮城乃小鶴@フラ教室フイレフアです。

JAL機内誌から気になる話題をご紹介。今回は、ヌウアヌ・パリです。
普段「ニアヌパリ」って言っていたんですが、正確には「ヌウアヌ・パリ」だったんですね!知らなかった!

ハワイに行った方なら必ず観光で訪れるこの場所。東側から吹く風が展望台のあるこの峠に強風をもたらしていますよね。
また、この場所は、カメハメハ大王率いるハワイ軍がオアフ軍を追い詰め、ついには崖下に突き落として勝利した場所。1795年の戦いということですからそんなに昔ではないです。
そして、今ほど観光地化されていない時には、この峠(旧道)を夜通ると兵士の霊がさまよい出て来ると言われました。

それからさらに神話までさかのぼると、東側に住んでいた民族が半神半人の豚の神様でカマプアアと言い、西側に住んでいたのは炎の神ペレの領地だったそうです。カマプアアとペレは恋人同士でありましたが、その後関係が悪くなり別れるはめに。そこで、お互いに嫌がらせはしないと約束しました。
それが今でもローカルの住人は、豚肉を持ってこのヌウアヌ・パリ・ハイウェイを通ろうとしないそうです。

広告