フイレフアのケイキ(中学生)3人娘の花映、七生、理紗が「ハワイ レインボー キッズ プロジェクト」に参加し、ハワイでフラを披露しました。

アロハー!宮城乃小鶴@フラ教室フイレフアです。

東日本大震災から5年が経過していますが、震災で被災した子どもたちや東京電力福島第一原子力発電所の事故の影響で避難している子どもたちを支援したいとハワイ島オアフのNPOハワイシニアライフ協会が中心(日本側はみやぎびっきの会)となって活動し、10回を迎えました。

レインボーキッズプロジェクト(マウイ島)

レインボーキッズプロジェクトに参加したフイレフア3人娘(マウイ島)

今年2016年8月が最後の支援となり、このプロジェクトにフイレフアのケイキクラスに小さい頃から習っていた3人娘がパーティの最後に普段習ったフラを披露しました。
初めて自分たちだけで踊る機会に少し緊張していたそうですが、直前に洋子先生からの国際電話で励ましの言葉を掛けてもらい、ちょっぴり安心したようです。
その後、3人共英語で自己紹介のスピーチを行い拍手でフラがスタート。

いつもお世話になっているスタジオリムのレイコTロジャーズさんのフェイスブックで詳細が、動画はスタッフの竹林さんのフェイスブックで観れます。

合計3曲!踊り終わったら割れんばかりの拍手を頂きました。このプロジェクトに参加した同じく被災したキッズの仲間たち、そしてハワイのシニアライフ協会の皆さんにとって、よい思い出になったに違いありません。この3人娘もこの経験からもっと大きく成長してくれることでしょう!

レイコTロジャースさんのフェイスブックにはすで「(5年前の震災当時あどけなかった少女達が) 震災を乗り越えて咲き誇った花の美しさは、何ととも比べることはできません。」とコメントが寄せられていました。

このプロジェクトのスタッフの皆さんに、マハロ~。