ハワイのでの一日はなんて長いんでしょう!?

アロハー!宮城乃小鶴@フラ教室フイレフアです。

スタジオリムでのラジオ収録を終えて、ようやくこれからの宿となるパシフィック・ビーチ・ホテルへ移動となりました。スタジオリムからはわずか1ブロックのところなので、すぐに到着。やっと一息つけました。でも、今日の予定はまだ終わっていません。

この後、カラカウア通りを通行止めにしてイベントが開かれます。私たちは、19時からのステージにて踊ることになっているため、軽くシャワーをして衣装に着替えて出発です。

ホテルを出てカラカウア通りに出ると、すでに通りは歩行者天国となっていました。
屋台も沢山出ていて、とにかく大勢の人。ホテルに滞在している人や地元の人達がお祭を楽しみに通りに出てきているようです。

第1日目のカラカウア通りのブロックパーティ

第1日目のカラカウア通りのブロックパーティ

出演するステージの横で出番待ちしていると「先生!先生!」と呼ぶ声が!
その声の主は、震災まで石巻市渡波のレッスンに通っていた元生徒さんではないですか!
遠くハワイで再会するとは、なんていう偶然なんでしょう。

聞く所によると、娘さんがハワイで挙式を行うそうで、それで来ていたんだとか。
その生徒さんも、津波にのまれて九死に一生を得た人。震災直後にお会いした時からは元気になっているご様子で、とても心配していた分嬉しかったです。また、フイレフアのレッスンに戻ってきていただきたいですね。

ハワイアンフラ教室フイレフアは、19:30~19:45のステージ。本場ハワイでフラを踊ることができて嬉しいです。
15分のステージでしたが、被災地の仙台から来たことをMCの方に紹介して頂いたことから、皆さんから暖かい拍手を頂きました。もちろん、最後の曲は「花は咲く」。日本語の歌詞ですが、踊りに込められた気持ちが伝わったようで皆さん暖かい目をしていました。

そして、ステージを終えて裏に集合していたら、おじさんから声を掛けられました。

そのおじさんは「すごく感動した、とても良かった!ありがとう!」と言ってくださり、号泣していました。なんでも地元が福島で、震災後はとても苦労し、とても難儀をし、その時のことを思い出したそうです。踊り終えた皆も、思わずもらい泣き。

こうして、ハワイでの初めてのステージは無事終了しました。