チャンターとしてイプヘケレッスンにも真剣に取り組んでいます

チャンターとしてイプヘケレッスンにも真剣に取り組んでいます

フラのステージはカヒコ(古典)フラから始まります。

アロハー!宮城乃小鶴@フラ教室フイレフアです。

画像はイプヘケという楽器のレッスン風景です。カヒコ曲で使われる楽器でチャンター(歌い手が)イプヘケを叩きならしながら唄をうたいます。

これまで何度もフラのステージをご覧になった方はもうご存知ですよね。まだ見たことが無い方はあの楽しいフラのステージを想像しているんでは?
もちろん、フラはアロハを届ける踊りなので見ている方にも幸せになってほしいと心を込めて踊ります。

でも、最初の曲はカヒコと言われるハワイの古典フラから始まるんですよ。これは、ハワイの歴史に大きく関係していることなんです。もともと、ハワイのフラは神聖な神に捧げる踊りと文化を伝承する踊りが主流だったそうです。そこに西洋文化が入り生活も現代様式へかわり、音楽や楽器も伝わったことから現在のハワイアンソングが生まれ、それに合わせて踊りも変化(進化)しました。

そして今でもその伝統と習慣を伝えるのがフラというわけなんですね。

大きなイベントでは、これからフラを踊るその場所を清めるためクム(師匠)が「オリ」という祈り(唱和)を神にささげます。オリの内容は時と場所によって様々ですが、共通していることは「私たちはこうして先祖からの自然と文化という遺産を大切にして後世に伝えます。」言う意味を込めて神々に感謝の念を伝えることなんですよ。

クムによりオリが終わるとカヒコフラへ続きます。カヒコの踊りは神々に捧げる踊りですから決して笑顔を見せてはいけません。とても神聖な踊りなんですから。衣装だってムームーのようなものではなく伝統的な衣装です。
カヒコ曲からご覧になった方は「想像しているフラと随分違うんだなぁ」と思われるかもしれませんせんね。

カヒコ曲が終わると皆さんお馴染みのハワイアンソングによるフラへと続きます。

ハワイアンフラ教室フイレフアのステージもこのような感じで進みます。ですから、フイレフアのステージは是非初めからご覧になっていただきたいんです!きっと、ハワイがフラがもっと好きになれますよ。

ハワイアンフラ教室フイレフアは、アンクル・ジョージナオペから直接指導を受けたトラディショナルフラの教室です。カヒコ曲もアウアナ(現代)フラも楽しく習える教室です。

お問い合わせ:022-266-8869(ブログを見ましたと伝えてください)または、info@hula-lei.jp。

カヒコもアウアナもフラに関する本はこちら