アロ〜ハ!北川@ハワイアンフラ教室フイレフアです。

メイドインハワイのものと言えば、何を連想しますか?
おいしい食べ物もありますが、いつも目につくものと言えば「アロハシャツ」がありますよね。

ハワイにはいろいろな国の人々が移住した土地。沢山の人種が集まっていますがアロハシャツはビジネスマンから学生まで誰でも着ている馴染みのウェアで、今は制服や民族衣装といってもいいかもしれませんよね。

公務員、ホテルマン、銀行マンの制服としても採用されているし、フォーマルウェアとしてパーティにも着用OK。

あの、柄や色がとても奇麗なあのアロハですが、その原型には日本人が深く関わっていることは皆さんご存知の通りです。
開拓移民として渡った日本人がハワイまで持っていったものが「着物」。
一方、欧米からの移民が着ていたのが開襟シャツ。当時貧しかった日本人が着物を開襟シャツに仕立て直して着始めたのがアロハシャツの原型になったとも言われていますよ。

日本人たちが着たアロハシャツを見た欧米人がその奇麗な柄をとても気に入り流行したと伝えられているそうです。

ハワイのビンテージショップに飾られているアロハシャツをご覧になった方は着物の柄であるこに気がつきますよ。

それから100年近くたった現代でもアロハシャツは、とても人気のウェアになっています。

ところで、ハワイ州観光局のページによると「アロハシャツ」と言うのは商標登録されているそうで、欧米では「ハワイアンシャツ」と読んでいるそうです。

もっと詳しくお知りになりたい方はこちらのページからどうぞ。