アロ~ハ!北川です。

美しいフラソングをご紹介するにあたって、フイレフアのフラマスターGeorge Naope(アンクル)が唄う曲を外すわけにはいきませんっ!(きっぱり)

「Waikiki」

この曲は、アメリカ本土に渡ったハワイ人(作者:アンディ・カミングス)が1938年11月のある日、ミシガン州で劇場からホテルに帰る途中、寒さに耐えかねて暖かい南国のハワイを想い出しホームシックになった時のことを書いたと言われています。

私の胸を締め付ける
あの楽園の思い

いつでも思い出す
過ぎ去りしあの日の
それははるか遠い想い出

私のワイキキ
たそがれの波間が私を呼び戻す

海の彼方の
ああ、ワイキキ
思いは帰る

南国の夜は静寂に包まれ
決して忘れない
私の腕の中にいた
やさしい天使たち

ワイキキ
お前のいない人生は
まるで魂が抜けたよう
私はお前の虜
寄せては返すさざ波の魔力

と、言ったことを唄っています(意訳です)。歌詞はハワイ語ではなく英語ですので皆さんそれぞれ思いをはせて聞いてみるのも楽しみの一つです。

フイレフアでは、アンクルが唄っている音源で直接アンクルから教え伝えられたフリでレッスンを行っています。
YouTubeで在りし日のアンクルが唄っているWaikikiが聞けます。

こんな素敵な曲で一緒に踊りたいと思いません?一緒に踊りましょう!
お問合せは、022-266-8869、またはinfo@hula-lei.jpまで。