アロ~ハ!北川です。

舞台用語(業界用語なんていうのかな)に上手(かみて)下手(しもて)っていうのがあります。
フイレフアのイベント出演リハーサルの時なんかも「出は上手から、ハケは下手へ」っていう感じで使っています。
そもそもこの「上手」「下手」ってなんなのよ!ってことでちゃんと調べてみました。

その前に、「右」「左」じゃダメなの?って疑問も湧いてきます。

さっきの説明を「右・左」で使うとこんな感じになります。

「出は右から、ハケは左へ」

これでもすんなりうまくいきそうな気がするのは気のせい?そうです。気のせいなんです。
これだと、出るときは「客席に向かって右側?」いやいや「舞台に向かって右だよ」と、使う人によって全く逆方法になってしまいます。こうなると混乱しかねません。それに、リハーサルの時「出は舞台に向かって右から、ハケは舞台に向かって左へ」なんて説明してたらいちいち説明が面倒になっちゃいます。
出演者はステージ上から客席に向かっているわけだし、舞台監督は客席からステージのダンサーへ指示を出すわけだけら、こんな紛らわしい言い方をされると「今客席に向かっているから、監督から見ると、舞台の右だから…自分たちは…え~~と、ひ、左か?」なんて考えていたら頭が混乱してリハーサルに集中できません。

それで、舞台に向いていても客席に向いていても同じ方向を「上手」と「下手」で呼ぶようにすれば混乱は起きません。

そこで、どっちが「上手」でどっちが「下手」ってことになります。

答えは、舞台に向かって右が上手、左が下手になります。逆に舞台から客席に向かうと左が上手、右が下手と言うわけです。これで左右迷うこともなくなります。

それと「上手」「下手」には意味があるそうで、舞台出演者で位の高い人や重要なものは上手に位置するそうです。これは東洋西洋共通だそうですよ。
歌舞伎は上手から登場して下手へはけるんですね。
そういえば、講演者が登壇は上手から出て上手にはけるのが納得できます。

ちょっと話はそれますが、「上手(うわて)」「下手(へた)」は歌舞伎から来ているんだと思います。
あと、面白いと思ったのは楽器の配置。

キーボードは下手、ギターは上手になるんだ。大体どのバンドでも同じ。この場合、ギターって右利き用でネックが左手になるから客席からみてネックが外を向いていた方がバランスが落ち着いていい感じみ見えるからだと思います。そこで、対するキーボードは下手配置。わかりやすい区別で「ピアニシモ=ピアノ下」と覚えておくと簡単。ピアノはあの「フタ」を開けて音を客席に届けてなおかつピアニストが共演者と意思疎通を行うとすれば下手に配置しないとならないから。

ステージに立つフイレフアの生徒さんもちゃんと「上手と下手」を理解して使い分けていますよ。

あれ?新たな疑問。「デハケ」って何?

これは明日アップします。